新所沢でつらい痛みやしびれでお悩みなら当整骨院にお任せ下さい!

あらき鍼灸整骨院


歪んでいるように見えるは筋肉の仕業。

骨盤は歪まない。

歪んでるように見えるのは、骨盤の周りにくっついている筋肉の強弱、硬いか柔らかいかで歪んで見えるのです。

今回は前後に歪む原因を。

前後のバランスを取っている筋肉は太ももの前の筋肉である大腿四頭筋、太ももの後ろにあるハムストリングスでバランスを取っていると考えてください。
 

骨盤が前に傾いている・・・前傾  

前に傾くということは、太ももの後ろの筋肉であるハムストリングスよりも大腿四頭筋の方が強力である、もしくはハムストリングスが弱いということです。
また腰椎や骨盤から股関節を通って大腿骨へ繋がっている筋肉、腸腰筋が強く発達していても骨盤は前に傾いてしまいます。
 

骨盤が後ろに傾いている・・・後傾  

後ろに傾くということは、前傾と反対で、大腿四頭筋よりもハムストリングスが強い、もしくは大腿四頭筋が弱いということです。
また骨盤の後ろにある筋肉、お尻の筋肉、脚を後ろに引いたり、上半身を前に行かないように支える役割の大殿筋が強すぎると骨盤は後ろに引かれて後傾してしまいます。

前に傾いているのか、後ろに傾いているのかを調べる方法

  1. 壁に寄り掛かります。その時、頭の後ろ、お尻、かかとをしっかりと壁にくっつけます。
  2. 壁と腰の間に手を入れることでチェック出来ます。

 

  • 指を軽く曲げた状態で手が壁と腰の隙間に入ると正常な骨盤の位置とします。
  • 握りこぶしの状態で壁と腰の隙間に入ると骨盤が前傾している状態です。
  • 指を伸ばした状態でやっと手が入るのは骨盤が後傾している状態です。

前に傾いているのか、後ろに傾いているのかをチェックしたら、次はその傾きに関わる筋肉のストレッチ、筋肉トレーニングをしていきます。

前傾しているのであれば、大腿四頭筋、腸腰筋のストレッチ、ハムストリングス、大殿筋のトレーニング、後傾しているのであれば、ハムストリングス、大殿筋のストレッチ、大腿四頭筋、腸腰筋のトレーニングをしていきます。

骨盤の歪みは、骨自体が歪んでいるのではなく、筋肉のバランスが悪くなった時に歪んでいる様に見えるのです。身体の不調はこの歪みだけが原因では無いので、気になったら早めに対応することが大きな痛みを出すことの予防になると思います。

あらき鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2-1-2
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
04-2903-8228
受付時間:
午前 09:00~12:00
午後 15:00~20:00
土曜 09:00~14:00

定休日:
木曜午前・日曜・祝日

駐車場
当院周辺にあるエイブルパーキングをご利用の方には治療終了後に一時間無料券をお渡ししています。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ