新所沢でつらい痛みやしびれでお悩みなら当整骨院にお任せ下さい!

あらき鍼灸整骨院


寝違えの予防には体調日記を付けましょう。

寝違えとは、急性頸椎捻挫、ぎっくり首、びっくり首 首の筋肉から出ている痛みのことを言います。

寝違えとは文字通り、寝て、朝起きた時に感じる痛みのこと、朝起きた時はそんなに痛みを感じていなくても、生活していてだんだん痛くなるものも寝違えといいます。正式には急性頸椎捻挫、ぎっくり首、びっくり首・・・主に首の筋肉から出ている痛みのことをいいます。

 

ではなんでこんな痛みが出るのか。

首の筋肉の血流が悪くなる状態が続くことが主な原因です。

 

  1. 寝相が悪く、首に負担がかかる寝方だったり、首の筋肉が疲れて緊張していて、首の血流が更に悪くなるような姿勢で寝て、首の筋肉が緊張している状態で、首を動かした時に筋肉を傷めたことによる痛み。
  2. 普段の生活の中で首に負担のかかる姿勢、行動をしていて、首、背中、身体が疲れた状態でその疲れの限界を越えたために痛くなる場合。
  3. 首の疲れ、首の冷え、疲労の蓄積により・・・ 理由は沢山あるのですが、首の筋肉の血流が悪くなる状態が続いた場合が主な原因です。


痛みが出てしまった場合は無理に動かさないで、安静にするか、あまりにも痛みが強くて不安な場合は早めに、病院、鍼灸院に行くことをおすすめします。

痛みが出ないようにするには、血流を悪くしないことが第一手段だと思います。
そして疲れを溜め過ぎないことです。

 

体調日記をつけることで強い痛みが出る前に対処を!

何回も痛めてしまうという方は、前兆を見極めるために体調日記を簡単でいいのでつけると良いと思います。

どんな時に痛みが出るのかを自己観察してみると、強い痛みに悩まされる前に対処できる思います。また季節の変わり目、特に夏から秋にかけての季節変化は、身体全体が冷えやすく、冷やしやすい状態になります。
 

首を冷えから守ることでも寝違えや風邪などの予防になります。

気が付いたら足が冷たい、手が冷たい、身体が冷えているということってありませんか?

身体には首とつく場所が何ヶ所かあります。首、足首、手首・・・お腹、くびれですね。

首は背中にある「風門」というツボから風が入ってこないようにするため、足首は「三陰交」という女性の代表的なツボ、子宮に関わるツボを冷やさないため、お腹は「関元」というこれも子宮に関わるツボ、腰にも大切なツボがたくさん存在ます。

ツボは神経や血管が通っていることからツボとして選ばれています。

首が付く場所は、ツボがあり血管神経があることから血管を温めることで血流を良くして冷えを予防しようということなんです。

血液は身体の中心、心臓から離れれば離れるほど温度は下がってきます。手先、足先に血液が達するまでにはかなり冷えています。

その冷えた血液を温めるために、足であれば、まずはお腹で温める。足首で温める。首は頸動脈、手首は脈を感じる部分が太い血管が通っています。足湯をするだけでも身体中が温まることを経験したことがある方も居られると思います。

冷えは万病のもと。冷え対策をしっかりとしていきましょう。

あらき鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2-1-2
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
04-2903-8228
受付時間:
午前 09:00~12:00
午後 15:00~20:00
土曜 09:00~14:00

定休日:
木曜午前・日曜・祝日

駐車場
当院周辺にあるエイブルパーキングをご利用の方には治療終了後に一時間無料券をお渡ししています。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ