新所沢でつらい痛みやしびれでお悩みなら当整骨院にお任せ下さい!

あらき鍼灸整骨院


便秘の症状と治療。

便秘とは?

便秘とは何らかの原因で排便が障害され、腸管内に異常に糞便が貯留した状態をさします。

通常、排便回数の減少、便量の減少、硬い便、残便感、直腸からの便排泄困難あるいはこれらの状態の組み合わせを便秘と呼んでいます。

便秘の分類 機能性便秘と器質性便秘

便秘は、その発生機序から機能性便秘器質性便秘の大別されます。

機能性便秘は弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘に分けられますが、弛緩性便秘と直腸性便秘は同時に起こることが多いので併せて単純性便秘といいます。

器質性便秘は胃や小腸大腸肛門などに疾患がありそれが原因で便秘になっている状態ですので器質性便秘の症状が現われた場合は早めに病院を受診して下さい。

ここでは機能性便秘の分類を記載致します。

機能性便秘の分類

①弛緩性便秘

結腸の蠕動運動が低下し、腸の内容物の輸送が遅れるために起こります。太くて硬い便となります。

腹筋が弱い高齢者や女性、男性でも運動不足の人に多く発生します。
単に便秘とだけ言った場合はこの弛緩性便秘をさすことが多いです。

②痙攣性便秘

S状結腸を中心とする下部結腸の痙攣性収縮により内容物の進行が障害されるために起こります。

便は兎の糞の様になり、便意が強く、排便後の残便感を伴います。

ストレスや心理的な乱れで起こります。過敏性腸症候群の便秘型でみられます。

③直腸型便秘(排便困難)

直腸に糞便が進入しても排便反射が鈍感になってしまっているために便意を生じません。

日常生活の忙しさや排便痛を伴う肛門疾患のためなどで故意に便意を抑え続けた場合や、強い下痢や浣腸の乱用によって排便リズムが崩れた場合などにみられます。


治療 弛緩性便秘には鍼灸治療が有効です

弛緩性便秘

不規則な排便が原因で便秘になっている人が多いので排便習慣を整えましょう。

胃の中に食べ物が入ると、反射的に大腸の動きが出てきますので、便意がなくても朝食後に排便する習慣をつけましょう。

また、適度な運動、腹筋トレーニングによっても大腸の働きが高まり、排便しやすくなります。

痙攣性便秘

腸が敏感なことはなかなか治らないものですから、日常生活を規則正しくし、過労や睡眠不足を避けます。

食事について

弛緩性便秘

食物繊維の多い食べ物を多く摂りましょう。(海藻類、きのこ類、アボカド、ごぼう、おから、豆類、干し柿など)

朝に一杯の白湯、水を飲みましょう。(飲みやすい方でいいと思います。)

痙攣性便秘

過度の香辛料や刺激性食品は摂らないようにしましょう。

あらき鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2-1-2
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
04-2903-8228
受付時間:
午前 09:00~12:00
午後 15:00~20:00
土曜 09:00~14:00

定休日:
木曜午前・日曜・祝日

駐車場
当院周辺にあるエイブルパーキングをご利用の方には治療終了後に一時間無料券をお渡ししています。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ