新所沢でつらい痛みやしびれでお悩みなら当整骨院にお任せ下さい!

あらき鍼灸整骨院


ハリの刺した時の痛みについて

鍼を初めての受けようとされている方で、鍼を刺すことに不安を感じていらっしゃる方は多いと思います。

「身体に鍼を刺すなんて・・・」「痛そう・・・」「怖い・・・」と思っていると思います。

初めて鍼をすすめる時に、注射は嫌いですか?と聞くと殆どの方は、嫌い!と答えます。

好きな方はいませんよね。

しかし、鍼というものは、注射器の針とは太さが全く違います。

鍼の太さも色々あるのですが、当院が使っている鍼は、0.12ミリから0.16ミリ、太くても0.20ミリです。

患者さんの身体の状態にもよりますが、0.16ミリの鍼をよく使っています。

0.16ミリというと、だいたい髪の毛の太さと同じくらいです。(髪の毛の太さは、細くて0.05ミリ、太くて0.15ミリ、平均0.07ミリです。)

鍼治療の鍼と注射器の針との違いは、鍼治療の鍼は、注射器のように液体(血液や薬品)を身体に入れたり、抜いたりするわけではないので、中心が空洞になっていません。ですからそんなに太くならないのです。

鍼による直接の痛み、鍼が身体に刺さるときの痛みは非常に軽微なものです。

鍼治療の時の痛みは皮膚を傷つけた際のものではなく、「ひびき」とよばれる鍼を打った時特有のものです。

鍼を打った時に感じる痛みは、身体の奥の方、深い所で「ズーン」「ジワーン」と重いような、身体の中で張るような痛みで、身体が反応している証拠でもあります。時にしびれるような感覚を感じる時もありますが、鍼で神経を傷をつけたわけではありません。

またひびきを強く感じて、打った所が重いような、だるいような感覚が数日残る場合もありますが、数時間から一日程度で消えますので安心してください。




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

あらき鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2-1-2
アクセス:
西武新宿線 新所沢駅 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
04-2903-8228
受付時間:
午前 09:00~12:00
午後 15:00~20:00
土曜 09:00~14:00

定休日:
木曜午前・日曜・祝日

駐車場
当院周辺にあるエイブルパーキングをご利用の方には治療終了後に一時間無料券をお渡ししています。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ